« また破いた... | トップページ | 転勤 »

鉄欠乏性貧血

貧血の女性は多い。私の鉄欠乏性貧血の治療について紹介します。

'05.10.19からフェルムという鉄剤の薬を漢方薬と胃腸薬と一緒に朝晩飲んでいます。

血液検査の結果を記します。'05.10→'05.11→'06.2の順。( )内は女性の標準値。

ヘモグロビン 9.6→12.8→13.5g/dl (11.2~15.2)

ヘマトクリット 34.0→41.8→42.1% (34.3~45.2)

MCV   74→82→91fl (80~101)

MCH   20.9→25.1→29.2pg (26.4~34.3)

MCHC  28.2→30.6→32.1% (31.3~36.1)

血小板  41.1→34.6→32.5万/ul (14.0~37.9)

Fe     19→   →70ug/dl (50~170)

UIBC/比色法 511→  →287ug/dl (110~425)

通常の健康診断では鉄分Feの検査は行われないので、'05.10に検査した時に鉄分がこんなに少ない!ってびっくりでした。

それまでの私はしゃがむと眩暈がしたり、いつも身体がだるい、頭が痛い、ちょっと運動すると息切れ、真夏に外にいるだけでクラクラして真夏の炎天下は歩けませんでした。

ひと月薬を飲むだけでかなり改善されます。私の身体もかなり楽になり薬の効力を実感しました。鉄剤の影響で便が黒くなるので、鉄分は身体に吸収されにくいものだという事も理解できました。

4ヶ月間で全て標準値の範囲に入りましたが鉄分はそうそう簡単に増えるものではないです。私は以前からサプリを飲んでいましたが効果はなかったです。食事やサプリだけでは克服できないかもしれないですね。

総合病院の先生は薬は毎日飲む事ないんじゃないかって言ってました。忘れてしまって飲まない日も結構あるのですが...1日1回でいいかなって思っています。

貧血で悩んでいる女性にご参考になれば幸いです。

|

« また破いた... | トップページ | 転勤 »

病気」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鉄欠乏性貧血:

« また破いた... | トップページ | 転勤 »