« 復活しました | トップページ | お迎え »

痛みとの闘い

 
「我慢しても病気は治りません。」

ずぅ~っと前に、あるお医者様から声を荒げて言われた事があります。

 

今回の入院は人生で4度目。
会社勤めをしていたせいか?私はいつもギリギリまで痛みを我慢するタイプで、病院に行くとそのまま入院、或いは翌日入院というパターン。

1回だけ救急車で運ばれてそのまま入院、翌日緊急手術しました。
昏睡状態に陥っていたので記憶はありませんが...。

今回の痛みも今までに経験した事のない痛みでした。
漠然と、入院しないと治らない... という気がしました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


どうしてすぐに病院に行かなかったかと言うと...
10月2日さいたまアリーナで行われたフィギュアスケートの観戦に行く予定だったので、入院はしたくない、終ってから病院に行こうと決めて我慢していました。
結局、一緒に行く予定だった友達が友達を誘って行ってくれたのでチケットは無駄にならずに済みました。

 

9月24日は病院の近くには行ったけど、まだ大丈夫... と思っていました。
でも、この日の夕方から私は寝込んだのです。

9月27日は病院に行こうか迷い、HPで診療時間を調べると午前中だけだったので諦めました。

 

その9月27日の深夜、死ぬかもしれないと思うほどの激痛がありました。
パパは不幸ができて福島県まで出かけて家にいなかったので、
花桜子を残して...  は考えられず、救急車を呼ぶ事を躊躇いました。

痛みに耐えながら亡くなった父の事を考えていました。
父も深夜激しい痛みに襲われ、救急車を呼ぶのを躊躇い、朝になって病院に行き、到着した時には亡くなっていたのです。
私も同じ運命なのか... と。
無意識のうちに 「お父さん、助けて!」 と叫んでいました。

日付が変わり、何時かわかりませんがパパは帰って来ましたが、朝6時に出勤するので病院に一緒に行って欲しいとは言えませんでした。
私は話す元気・気力もなかったのです。

私は、何て言うか... 落ちる、落ちて行くような、意識が遠のき、起き上がる元気もなく、もうろうとしていました。

 

朝になり気付いた時には命があった事を感謝しました。

自力では治せないと悟り、入院用のバックを纏め、病院に向かったのでした。

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

幸い、命を落とす事にはならなかったから良かったけど...

 

皆さんはどうでしょう?

深夜、たったひとりで家に居る時に激しい痛みに襲われたら...

 愛犬を放って、救急車を呼び1人で病院に行きますか?

 何時に帰宅するかわからない家族に電話しますか?

 私のように朝まで我慢しますか?

 

もっと自分の相方に遠慮しないで甘えてもいいのでは... という気もするけど、
それはもっと難しい別の問題かも...。

この夜の事は話したけれど、「言ってくれれば良かったのに」 とは言わなかった。
一番は自分で、2番3番は愛犬2匹で... 私は家政婦? なのかもね。

現役引退するまでは一緒に助け合って生きて行こうという気持ちにはならない気がする。

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


私は外科病棟に入院していたので、重病人は多かったです。

同じ病室に入院していた方は、乳癌の手術をしたお婆さんと、肺癌で抗がん剤を受けに来たのに空気が漏れてるとかで急遽肺に穴開けて管入れて、落ち着いたら抗がん剤が始まるという中高年の元気なオバサンが同室でした。

お婆さんはとても優しくいい方で、髭のご主人も穏やかにお喋りする、とても仲の良いほのぼのとした老夫婦でした。
お婆さんに、私の病気の経緯をお話していたら、「まぁ、痛いのに我慢したの!?」 ってびっくりしてボロボロ泣き出したのです。

他人の痛みが解る人って、すごいですよね...。

 

両腕は注射痕だらけ、24時間点滴が5日間も続いて辛かったけど、温かい人達との出会いもあり、いっぱい励まされた8日間の入院生活でした。

 

そうそう、「9月24日に病院に行っていたらどうなったか?」 という質問をお医者様に聞いてみましたが、やはり入院→手術と同じだけど、治療は軽く済んだという事でした。
ただ、もっと遅かったら他の臓器にも影響が出ていただろうし、亡くなる可能性もあったとの事。
人間の身体って臓器がごちゃごちゃとくっついているから癒着したり、色々合併症も出て来るようです。

私は5年前に人間ドックに行ったのだけど、毎年が無理なら2年に1回受診すると病気の早期発見も可能だそうです。

 

花ちゃん桜子の健康にはすっごい関心があるのに、自分の事は全然...。
自分だって健康じゃないと一緒に暮らせないのにね...。

しみじみと、反省の日々を送っています。

|

« 復活しました | トップページ | お迎え »

病気」カテゴリの記事

コメント

★あきちゃん、
いろいろありがとう。ヽ(´▽`)/
私の気持ち、わかります?
理解してくれる人がいると嬉しいです。

お風呂は、よく救急車で運ばれるから危険な場所ですよね。(@Д@;
温度差もあるし、滑って頭ぶっても危ないし...
あきちゃんも気を付けてくださいね。

あきちゃんのご主人、とても優しそうに見えるけど...
ウチも見た目は優しそうでいいひとに見えるらしいから...
他人にはわからないですね。

普段頼りなさそうに見えて、イザという時頼れる人はいいなと思う。
ウチはイザという時、...で。(゚ー゚;

息子が1歳になってすぐ風邪をこじらせて入院した事があって、
赤ちゃんは24時間家族が付添いしなければならず、私が会社を休んで付添っていて、当時私は変った病気で薬を常用していたけど副作用で苦しむ事が多かったの。
付添いの疲れが出て倒れる寸前の時に「ひと晩でいいから付添いを替わって欲しい」とお願いしたのです。
すると「自分の奥さん以外の人と同じ部屋に寝るわけにいかない」ってフラフラの私に向かって断ったのです。(病室はふたり部屋)
子供は病気で起き上がれない状態で、奥さんはフラフラしてるのに、あなたは何考えてるの?よその奥さんにムラムラするの?ってびっくりしました。
結局2週間ずっと私が付添って、息子の退院後、私が寝込みました。(。>0<。)
結婚して何年も経ってたけど、この時は失望しましたね~。
その後も同じような言動はしばしばありますが...期待しなくなった分、ガッカリする事は少なくなったかな。(笑)

投稿: 桜子ママ | 2010年10月10日 (日) 16:45

そんなことがあったんですね。
しばらくブログお休みって書いてあったので、どうしたんだろうって思ってました。

そして桜子ママさんの気持ちよーく分かります。
って言うか私も同じです。

私もギリギリまで救急車は呼ばないと思います。

うちの子たちが、ちょっと調子悪いと病院病院って急いで行くのに、自分が調子悪くても放置です。
旦那に一度「お前は家族のことばっかり心配して、もっと自分のことも大切にして。」って怒られました。

自分が究極の状態に置かれた時、色々考えちゃうのは女性ならではですかね。
私も一度体調悪い時に温泉で長湯しちゃって脱衣所で意識無くなったことあるんですけど、その時も薄れる意識の中で「とりあえず真っ裸はダメだから、下着だけは」ってアホなこと考えて、死に物狂いで下着だけは装着しました(笑)

私はまだまだ結婚生活浅いから、何か言うのもおこがましいですけど、男の人ってそういうものですよね。
私もうちの旦那は何かあった時自分だけ逃げるって思ってますよ。
だから自分一人で4頭の子供たちを連れて逃げる準備してあります。
でも根本的に男の人は頼られることで力を発揮出来るのだと思います。
だから次何かあった時はパパさんに甘えて下さい。

とにかくお大事にして下さいね。

投稿: あきちゃん | 2010年10月10日 (日) 01:47

★アージョママさん、
いろいろありがとう。
主婦って自分より家族の方が大事で、自分は後回しになってしまうんですよね。(^-^;

>「晩御飯どうするねん?」
これは悲しい...。(;ω;)
ウチも同じようなものだけど、私が寝込んでいた時「お金渡すから外食して来て」と言ったのに、ひとりで外食できないものだから、冷蔵庫開けて「何作ろう~♪」って楽しそうにオムライス作って食べてました。
入院中も道の駅行って特別なお肉買って来て餃子作って食べたり、独り身を楽しんでいましたよ。
日頃から私の作る食事に不満があったのかしら~。
ワンコがいなければもっと入院してて欲しかったかも~。(^-^;

投稿: 桜子ママ | 2010年10月10日 (日) 01:23

★ナオぼんさん、
いろいろありがとう。
これからは早目に病院行きます...。(´・ω・`)
私みたいな人が孤独死するのかもね。
(一番身近な人からそれらしい事を言われました。)

夫婦って何十年も一緒にいると言葉に出さなくても解り合えるって聞くけど、
私はちゃんと言葉で言ってくれないと解らなくて、察するとかができないの。
10年近く別居してたせいかな、と思うけど。(^-^;
結婚して20年も過ぎると私の話全然聞いてないのよね...。
きっと原因は私にあるんだよね...。(p_q*)

投稿: 桜子ママ | 2010年10月10日 (日) 01:02

ハイ!我慢しても病は治りません・・・ですょ!

暫くお休み…????ってmixiにメールしょうか?悩んでました。
も~ぉ~桜子ママさん 我慢せずに次回(ひとりの時)躊躇なく救急車呼んで下さいね。
手遅れなんて事になったら(T_T)息子さん、花ちゃん・桜子ちゃんがどうするんですぅ 
でも分る気がしました 私もしんどくって寝てた時「晩御飯どうするねん?」って聞かれた(悲)
その時 この人と大丈夫か??って自問自答しました。
自分がしんどい時は大袈裟なぐらいなんですょ。
桜子ママさん 我慢出来るから大丈夫って思いたい男の人多いょ!

私、ひとりで救急車呼ぶ時の事考えるょ!
アージョ 猛犬吠えするだろうし・・・玄関のカギ掛けた後ならどうして開けるとか玄関は誰が閉めてアージョは???って色々(?_?)

何はともあれ・・・悪い所治して完治宣言待ってます。
近ければ何時でも駆け付けれるのになぁ。。。

また色々はメールしますね(*^^)v
桜子ママさん~無理せずお大事に!(^^)!

投稿: アージョママ | 2010年10月 9日 (土) 23:07

もー桜子ママちゃん、我慢しすぎ!
そりゃ、ワンたちを置いて救急車で運ばれるのはためらうだろうけど、もしかしたらそれでさらにワンたちにさびしい思いをさせなきゃいけないかもしれないじゃない。
って、そんなこと私に言われなくてもおわかりだけど。

私なんて夜中にめちゃくちゃお腹が痛くなって、旦那を起こして(いちお、この人明日も仕事だしってちょっとガマンはしたのよぅ)、旦那は重病かと思って深夜に対応してくれる病院探したり電話したりしてお騒ぎしたけど結局フ○づまりだった(^^;)ゞってことがあります。

人さまご夫婦のことを言える私ではありませんが、言わなかったことと思わなかったことも違うと思うよ。

桜子ママちゃんの強さにびっくりだけど、お医者様の言う通り病気には我慢じゃ勝てないから、今度何かあったら早めに診てもらってね。
桜子ママちゃんも花桜子ちゃんたちも元気でいてほしいです。

投稿: ナオぼん | 2010年10月 9日 (土) 14:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 復活しました | トップページ | お迎え »