« 富士五湖旅行 | トップページ | その後 »

桜子、ありがとう

3月13日午後9時に大好きな桜子が亡くなりました。

生前は桜子を可愛がってくださり、ありがとうございました。

Saku201204

 

桜子は脳腫瘍でした。

2013年夏に斜頸と顔面神経麻痺の症状が出始めました。
秋にCT・MRI検査で確定診断を受けた時は凄い衝撃でした。

右目はすぐに失明し、顔の右側は筋肉が落ちて崩れていき、左右対称でなくなりました。真っ直ぐ歩いたり泳いだり... も厳しくなりました。最近では左目も殆ど見えなくなっていたようです。

 

桜子にとってモモコの存在は大きかったと思います。モモコに負けたくないから張り合って頑張って来れたと思います。

Sakumomo14010304

 

桜子は2月19日の朝起きると突然立てなくなっていました。
3年前に亡くなった花ちゃんは立てなくなってから日に日に弱って行き、良い方向に向かう事は一度もなく、20日ほどで亡くなりました。
桜子も同様かと思っていましたが、寝たきりになったり、スタスタ歩いて元気になったり、その2日後にまた立てなくなったり、その繰り返しでした。

3月10日はかなり酷く、もう無理かと一時は諦めましたが、翌朝には持ち直し、
13日も10日と同じ感じだったので、また復活して欲しいと思っていました。
ところが、夕方から悪化し、息も荒くなり、苦しそうに悶え、呼吸が止まった?時に強く抱きしめて耳元で 「まだ行っちゃダメ! もうすぐパパが帰って来るから頑張って!」 と叫び、呼び戻す事ができましたが...

午後9時、力尽きて眠るように静かに逝きました。

パパは9時35分、息子は10時過ぎに帰宅し、二人とも間に合いませんでした。

 

15日に火葬してお骨拾いをした時、黒く燃えた所が腫瘍のあった所だと説明され、それが検査した時よりかなり大きくなっていて、痛みは相当あったのではないかと思われます。もしかすると骨髄まで転移していたかも... と思うと、痛みに弱い桜子が精一杯頑張って痛みに耐えながら生きていたのだろうと思いました。

 

 

 

桜子は2003年10月17日生まれです。

我が家は2004年1月に2カ月の黒ラブを飼いましたが、家に来て3日目でパルボウィルスを発症し、7日目の深夜入院先の動物病院で亡くなりました。

その後、パピーは怖いので生後5か月以上の大型犬を捜し、2004年4月3日、フラットを迎えました。桜満開の季節にやって来たので桜子と名付けました。

Sakurako_5

黒ラブの姫ちゃんが生きていたら桜子は我が家に来ませんでした。
これも運命なんでしょうね。

Saku2003

桜子は姫ちゃんの分までいっぱい走り楽しい事を経験し、11歳4ヶ月24日、犬生を全うしました。

桜子はマイペースな子で自分だけの世界を持ってる子。のびのび育ちました。
人にも犬にも興味はなく、走る事・泳ぐ事・食べる事が好きでした。

Saku11111301

Umi14092202

私達は桜子のお蔭でドッグスポーツの楽しさを知る事ができました。

 

 

今頃、お空で大好きな花ちゃんと日向ぼっこしたり走ったり泳いだりしてるかな...。

Dscf0012

Dsc09937

 

生意気なモモコが素敵なレディーになれるようお空から見守っていてね。

2014010701

 

桜子に出会えて、家族は皆、幸せだったよ。
ウチの子になってくれてありがとう。

大好きだよ、桜子。
少し先になると思うけど、いつかまた会おうね。

|

« 富士五湖旅行 | トップページ | その後 »

桜子」カテゴリの記事